ページの文字サイズ

認知症対応型通所介護とは

在宅の要支援、要介護の認知症のお年寄りを安全に送迎し、家庭の中にいる雰囲気でゆっくりくつろいでいただきます。入浴、食事、リハビリにもなるレクレーションなどをして過ごしていただきます。

認知症の方に対するサービスです。
日帰りで通っていただき、入浴・食事のご提供・介護、生活等についての相談・助言、健康状態確認といった日常生活上のサービスや、機能訓練やレクレーションなど趣味活動を行うサービスです。
ご自宅から施設まで送迎いたします。
施設内で生活相談員・介護職員・看護職員・機能訓練指導員などが、サービスをご提供いたします。

サービス内容
① 入浴・排泄・食事・着替え等の介助
② 日常生活上のお世話
③ 日常生活の中での機能訓練
④ 相談・援助
ホーム利用にあたっての留意事項
利用できる方 ・介護保険の要支援1・2、要介護1以上の認定を受け、医師から認知症と診断された方
・自傷他害の恐れがなく、共同生活に支障のない方
・常時医療機関において治療を必要としない方
退居に当たっての条件 ・自傷他害あり、共同生活に支障が出た方
・常時医療機関において治療が必要になった方
利用の際の留意事項 貴重品のお持ち込みはやめてください。
休まれる場合は、前日までにご連絡ください
当日、休まれる方で、送迎を利用されている方は、8:00前までにご連絡ください。
送迎を利用されていない方は、10:00までにご連絡ください。
家族会の有無
介護相談員等の受入状況 無 大江町では介護相談員派遣事業をおこなっていないため。
身体拘束 緊急でやむをえない場合(本人または他利用者、職員の生命に関わる事態)は、利用者の状態をご家族に説明し、身体拘束の方法、使用する時間・期間を文書で説明し同意を得てから行います。
利用料

サービスを利用した場合の「基本利用料」は以下のとおりであり、お支払いいただく「利用者負担金」は、原則として、介護保険負担割合証に示されている割合(1割又は2割)を基本利用料に掛けた額です。ただし、介護保険給付の支給限度額を超えてサービスを利用する場合、超えた額の全額をご負担いただきます。

【介護予防認知症対応型通所介護】

要介護度 利用時間 基本利用料
※(注1)参照
利用者負担額
(1割)
利用者負担額
(2割)
要支援1 3時間以上
5時間未満
2,510円 251円 502円
要支援2 2,650円 265円 530円
要支援1 5時間以上
7時間未満
4,070円 407円 814円
要支援2 4,300円 430円 860円
要支援1 7時間以上
9時間未満
4,690円 469円 938円
要支援2 4,960円 496円 992円

(注1)上記の基本利用料は、厚生労働大臣が告示で定める金額であり、これが改定された場合は、これら基本利用料も自動的に改訂されます。 なお、その場合は、事前に新しい基本利用料を書面でお知らせします。


・利用者に対し、生活機能の改善等の目的を設定した介護予防計画にのっとり、複数の生活機能向上グループ活動を準備し、週1回以上実施した場合、生活機能向上グループ活動加算100単位/月(1ヵ月100円)が算定されます。
・機能訓練指導員(理学療法士等)を1名以上配置し、運動機能訓練向上加算(225単位1カ月225円)を算定できる体制にあり、運動機能向上計画に基づき提供された場合に算定されます。
・医師が医学的判断により、低栄養状態にあり、食事摂取量が75%以下など低栄養状態にある方に管理栄養士が栄養改善計画を作成し、その計画に基づきサービスを実施し、3カ月ごとに評価を行った際に栄養改善加算(150円)が算定されます。
・当事業所は、「介護職員処遇改善加算Ⅰ」を算定できる体制にあるので、1ヵ月に利用した所要単位数の合計に4.0%を乗じた額が加算されます。
・利用された、実人数のうち、6%以上の方に選択的サービスを実施した場合、事業所評価加算120単位/月(1ヵ月120円)が算定されます。
・口腔機能が低下している利用者に対して、口腔機能改善管理指導計画に基づき、個別に実施される清掃の指導、摂食、嚥下機能を実施した場合、1ヵ月につき150円が算定されます。
・事業所と同一建物に居住者または、同一建物から利用する方に介護予防通所介護を行う場合に要支援1の方は376単位、要支援2の方は752単位を所用単位から減算します。
・食費(朝食・昼食・夕食)は、摂らなければ、発生しません。
例)朝食のみ食べた時は、その日の食費は400円
・おやつは、午前・午後どちらか、摂られると発生します。
・おむつ代は、利用者持込の場合は発生しません。
・催事参加費、趣味活動費は、事前にお知らせし、利用者の選択により提供された場合のみ発生します。
・利用料の支払いは、月ごとに発行にする請求書に基づき、現金によって指定期日までに受領させていただきます。
・実施地域を越えて、利用される場合は、片道0~5㎞500円、6~10㎞1,000円。
・キャンセル料は、頂きません。

【認知症対応型通所介護】

要介護度 利用時間 基本利用料
※(注1)参照
利用者負担額
(1割)
利用者負担額
(2割)
要介護1 3時間以上
5時間未満
2,700円 270円 540円
要介護2 2,800円 280円 560円
要介護3 2,890円 289円 578円
要介護4 2,990円 299円 598円
要介護5 3,090円 309円 618円
要介護1 5時間以上
7時間未満
4,390円 439円 878円
要介護2 4,540円 454円 908円
要介護3 4,700円 470円 940円
要介護4 4,860円 486円 972円
要介護5 5,020円 502円 1,004円
要介護1 7時間以上
9時間未満
5,060円 506円 1,012円
要介護2 5,240円 524円 1,048円
要介護3 5,420円 542円 1,084円
要介護4 5,600円 560円 1,120円
要介護5 5,790円 579円 1,158円
介護保険対象外
サービス利用料
下記料金の改定は理由を付して事前に連絡されます。
食  費 朝 食:400円、 昼 食:500円、 夕 食:500円、 おやつ:200円
合 計:1,600円
その他の費用 おむつ代1枚(カバータイプ155円、紙パンツ103円、尿取りパット31円)、
催事参加費・趣味活動費実費、ティッシュ1箱83円

(注1)上記の基本利用料は、厚生労働大臣が告示で定める金額であり、これが改定された場合は、これら基本利用料も自動的に改訂されます。なお、その場合は、事前に新しい基本利用料を書面でお知らせします。


・入浴加算について:認知症対応型通所介護計画上、入浴の提供が位置付けられ、入浴中の観察を含む介助を行った場合に発生します。 1日つき50単位(1割負担額50円)。
・個別機能訓練加算について:個別機能訓練計画に基づき、機能訓練指導員によって1日120分以上実施された場合、発生されます。(1日つき27単位:1割負担27円)
・延長加算について:所要時間7時間以上9時間未満の介護予防・認知症対応型通所介護の前後に連続して5時間を限度として、1時間50単位が発生します。(1割負担50円)
・口腔機能向上加算について:口腔清潔・機能に問題のある方に、口腔機能改善管理指導計画に基づき、1回につき150単位(1割負担150円)発生します。(限度月2回)
・栄養改善加算について:低栄養状態にあるまたは、そのおそれがあると医師や、サービス担当者会議150単位(1割負担150円 月に2回まで)発生します。
・当事業所は、「サービス体制強化加算(Ⅰ)イ」(国家資格を持つ職員を多く配置(5割以上))を算定できる体制にあるので、1日18単位(18円)を加算します。
・当事業所は、「若年性認知症利用者受入加算」を算定できる体制にあるので、該当される方に1日60単位(60円)が加算されます。
・送迎を行わなかった場合は、片道につき47円の減算となります。
・当事業所は、「介護職員処遇改善加算Ⅰ」(労働環境を改善している事業所)を算定できる体制にあるので、所定単位数の68/1000を乗じた額が加算されます。
・食費(朝食・昼食・夕食)は、摂らなければ、発生しません。
 例)朝食のみ食べた時は、その日の食費は300円
・おやつは、午前・午後どちらか、摂られると発生します。
・おむつ代は、利用者持込の場合は発生しません。
・催事参加費、趣味活動費は、利用者の選択により提供された場合のみ発生します。
・利用料の支払いは、月ごとに発行にする請求書に基づき、きらやか銀行振込もしくは、現金によって指定期日までに受領させていただきます。